避妊薬をこっそり買いたい人に

女性にとって妊娠は重要な事だけに、セックスは楽しみたいが妊娠はしたくないというふうに思っている事の方が多いでしょう。
恋人同士でも夫婦でもセックスは深い絆を得るために大切な行為ですし、妊娠は本当に子供が欲しいと望んでいる時以外はしたくないものです。

 

ですが、コンドームなら男性が買ってきてくれることが多いですが、ピルとなると自分で手に入れなければなりませんよね。
しかも、コンドームと違ってわざわざ病院で処方してもらわなければならず、恥ずかしいのと面倒なので余計に嫌だと思う方もいるかと思います。
ですが、実はトリキュラーという人気の低用量ピルはベストケンコーなどの個人輸入代行サービスで簡単に購入できてしまうのです。
海外ではドラッグストアでも気軽に避妊薬を購入できますが、個人輸入代行サービスを使えばそれ以上に簡単に、誰にも見られず購入することができます。
個人輸入とは自分で利用するために個人で輸入することで、医薬品の場合でもそれは可能で、たとえ国内で認可されていない薬でも病院でしか手に入らない薬でも輸入することが許されています。

 

その代行サービスであるベストケンコーは、まるで通販のような感覚で好きな薬を購入する事ができ、家にいながらトリキュラーを手に入れられるんです。
ただし、自分で使うためという事で、利用者本人が購入しなければなりません。
トリキュラーの場合は、旦那さんに買ってもらうということはできないということですね。
ですが、わざわざ病院へ行く必要もなく、しかもまとめて購入すれば割引されますから、それだけで十分メリットの方が大きいといえるでしょう。
病院なら1か月分で2~3千円かかるところを、ベストケンコーなら割引を活用して550円程度にできるんですから、コストパフォーマンス面でも優れた避妊方法なのではないでしょうか。

 

使い方は慣れないと少し面倒ですが、生理が始まった日に開始し、毎日1錠同じ時間帯に飲むのを3週間続けます。
その後、1週間の休薬期間を設け、継続する場合は休薬期間後にまた新しいシートを飲み始めて下さい。

休薬期間中に生理が来ますが、生理が終わったかどうかに関わらず休薬は1週間です。

 

また、避妊効果が十分に得られるのは飲み始めて1週間ほどですから、休薬後の一週間は避妊具などを併用しましょう。
そして、大事なのが飲み忘れたときの対応で、これを間違うと十分な避妊効果が得られず、予想外の妊娠ということにもなりかねませんのでしっかり説明書を読んでおくことが大切です。
飲み忘れに気付いたのが次の服用時間の前なら、気付いた時にすぐ飲み忘れた分を飲み、そして服用時間が来たらその日の分を飲みます。
次の服用時間の時に飲み忘れに気付いた時は、そのまま2日分を飲んでしまいましょう。
ですが、それ以上経ってから気付いた時は、諦めて休薬期間をとり、そのあと新しいシートで最初からやり直して下さい。
間違って飲まないように、途中で途切れた前のシートは破棄することをお勧めします。

 

個人輸入なら誰にも会わずにトリキュラーを購入できますが、医師の指導を受けられませんので、安全に利用するためにも自分でしっかり理解してから使って下さいね。